■シミュレーションゲーム専門誌■【Command Magazine(コマンドマガジン) [シミュレーションゲーム・ミリタリーヒストリー・ストラテジー・アナリシス]】Command Magazine(コマンドマガジン)

■シミュレーションゲーム専門誌■【Command Magazine(コマンドマガジン) [シミュレーションゲーム・ミリタリーヒストリー・ストラテジー・アナリシス]】Command Magazine(コマンドマガジン) 南北戦争の2大決戦をゲーム化
” 付録ゲーム『アンティータムの戦い&ゲティスバーグ会戦 Antietam & The Battle of Gettysburg』

■シミュレーションゲーム専門誌■【Command Magazine(コマンドマガジン) 】「コマンドマガジン第113号」表紙

コマンドマガジン第113号

 

発売日:2013年10月20日

価 格:3,780円

ISBN:978-4-434-18511-3 C2320

 

■コマンドマガジンWEBサイト─購入する

■コマンドマガジンWEBサイト─アンケートに回答する

【付録ゲーム】
アンティータムの戦い The Battle of ANTIETAM (ダニー・ホルト)
ゲティスバーグ会戦  The Battle of Gettysburg (ダニー・ホルト)

南北戦争の2大決戦をゲーム化

2013年は、ゲティスバーグの戦いから150年、アバロン・ヒル社から最初のゲティスバーグ戦ゲームが出版されてから55年という記念の年です。南北戦争最大の激戦であり、勝敗の趨勢を決したと言われるゲティスバーグ会戦。今号は多くの名作レビューと、ゲーム史を紐解くことで、その歴史的解釈の移り変わりを見ていきます。
今回新たな切り口でその戦いを再現するのがDDH社の『ゲティスバーグ会戦』です。
本作では軍団ごとにフォーメイションが分けられており、プレイヤーは各軍団に「行軍」「前進」「攻撃」「防御」といった命令を出し、交互に行動させます。各カードの枚数は限られているため、複数できる戦線のどこで攻撃を行い、どの軍団を大胆に移動させるのか、プレイヤーは駆け引きを強いられることになります。敵の意図を読み、的確に部隊を運用したプレイヤーが勝利を掴むことになるでしょう。
また、同じシステムを用いた『アンティータム』も同梱。『ゲティスバーグ会戦』に比べてマップも狭くユニットも少ないので、システムを習熟するのに最適です。

■シミュレーションゲーム専門誌■【Command Magazine(コマンドマガジン) 】『ゲティスバーグ会戦』 マップ(A1判・全体)

ゲティスバーグ会戦マップ
(A1判・全体)

■シミュレーションゲーム専門誌■【Command Magazine(コマンドマガジン) 】「『ゲティスバーグ会戦』 マップ(拡大)

ゲティスバーグ会戦
 マップ(拡大)

■シミュレーションゲーム専門誌■【Command Magazine(コマンドマガジン) 】「『アンティータムの戦い&ゲティスバーグ会戦』 ユニット(一部抜粋)

ユニット(一部抜粋)

■シミュレーションゲーム専門誌■【Command Magazine(コマンドマガジン) 】『アンティータムの戦い』 マップ(A1判・全体)

アンティータムの戦いマップ
(A1判・全体)

■シミュレーションゲーム専門誌■【Command Magazine(コマンドマガジン) 】「『アンティータムの戦い』 マップ(拡大)

アンティータムの

 戦いマップ(拡大)

■シミュレーションゲーム専門誌■【Command Magazine(コマンドマガジン) 】「『アンティータムの戦い&ゲティスバーグ会戦』 カード(一部抜粋)

カード(一部抜粋)


※クリックで拡大画像を見ることができます。

 


COMPONENT

  • ◇本誌 80ページ

  • ◇ルールブック 2冊(8/12ページ)

  • ◇B3判、A2判マップ 各1枚

  • ◇カウンターシート 1枚(15mm角)

  • ◇カード 3シート(30枚、カードサイズ45mm x 68mm)

  • ◇チャート 2枚

※カウンター・シートには『Crisis Now: 尖閣ショウダウン』(110号)用の追加ユニット(18個)も収録されています。

DOWNLOAD

●『アンティータムの戦い』『ゲティスバーグ会戦』に関してのリリースノートです。

 『アンティータムの戦い』『ゲティスバーグ会戦』リリースノート (ファイル形式:PDFファイル、サイズ:77.4KB)[2013.09.30 Update!!]

●ハガキゲーム『Gettysburg Campaign』

※カード・シートに含まれる『Gettysburg Campaign』用の6枚は、ハガキゲーム『Gettysburg Campaign』に使用します。
Mini Game(ハガキゲーム)の『Gettysburg Campaign』ページから本体をダウンロードできます。[2013.10.22 Update!!]

CONTENTS

■特集:ゲティスバーグ会戦ゲーム55年史

●ゲティスバーグ会戦ゲーム55年史

●『ゲティスバーグの戦い』チュートリアル

●南軍に勝機はあったか? ──ゲティスバーグ会戦五つの可能性──

●ビアスの戦争

●俺たちのイチ押しゲティスバーグ会戦ゲーム

  • 忘れ得ぬ二つのゲティスバーグ(Gettysburg: 1977 Edition)(Gettysburg: Lee's Greatest Gamble)
  • 南軍の可能性に挑戦できるビッグ・ゲーム(Terrible Swift Sword)
  • ミニゲームと妄想の愉悦(Harvest of Death)
  • 知名度の低さが実に惜しまれるゲティスバーグ・ゲームの逸品(They Met At Gettysburg)
  • このライン・フォーメーションを見よ!(The Guns of Gettysburg)
  • 積み木のゲティスバーグ(Gettysburg: Bades of Courage)
  • 日本人デザイナーの見た戦場(Gettysburg1863)
  • 数奇ものどもが夢の跡(Across 5 Aprils)

 

■GAME REVIEW

●海上封鎖と河川の戦いから見た南北戦争キャンペーン(Rebel Raiders on the High Seas)(諸岡幸治)

●水上の南北戦争(SEA DEVILS)(いしだたかし)

●きら星ゲーム捜索隊(A Few Acres of Snow)(守屋亮介)

●【新連載】第7の視角 第1回別冊第9号『突撃レニングラード』(山崎雅弘)

●ウォーゲーム日本史出張所(ゆけ! 信長家臣団)(芝村裕吏/篠原知子)

●ボードウォーク通信(TARGI)(斉藤洋一)

●素晴らしきボルトアクションの世界(ボルトアクション)(大野和寛)

●New Comers

 

■COLUMN

●ゲームから本へ、本からゲームへ(桂令夫)

●復活! 男泣き戦争映画塾(山内克介)

●ユニットよもやま物語(生駒望人)

●野獣げぇまぁ拡大版(徳岡正肇

●空想科学盤上遊戯(いしだたかし)

 

■WAR HISTORY

●地中海戦史(八木田和男)

●日本の戦歴2(堀場亙)

 

■OTHERS

●尖閣ショウダウン 追加ユニット解説&ルール

●街にTANKがやってきた!

 

エラッタ/Q&Aはこちら