■シミュレーションゲーム専門誌■【Command Magazine(コマンドマガジン) [シミュレーションゲーム・ミリタリーヒストリー・ストラテジー・アナリシス]】Command Magazine(コマンドマガジン)

■シミュレーションゲーム専門誌■【Command Magazine(コマンドマガジン) [シミュレーションゲーム・ミリタリーヒストリー・ストラテジー・アナリシス]】Command Magazine(コマンドマガジン)付録ゲーム:『第6軍を救出せよ!』

■シミュレーションゲーム専門誌■【Command Magazine(コマンドマガジン) 】「コマンドマガジン第143号」表紙

コマンドマガジン第143号

 

発売日:2018年10月20日

定 価:本体3,600円+税

ISBN:978-4-434-25330-0 C2320

■コマンドマガジンWEBサイト─購入する

■コマンドマガジンWEBサイト─電子書籍版

■コマンドマガジンWEBサイト─アンケートに回答する

1942年6月28日から始まった工業都市スターリングラードを巡る攻防戦はドイツ軍を中心とする枢軸軍が90%以上の市街地を占拠しながらも、同年11月にソ連軍が発動した「ウラヌス作戦」により反撃を受け、約33万人にも及ぶドイツ第6軍が包囲される事態に陥った。この包囲を破り第6軍を救出すべく実施されたのが「冬の嵐作戦」である。第6軍の救出に向かうドイツ軍と、これを機に大反抗を仕掛けるソ連軍。スタリーングラードを巡る戦いは終幕を迎えようとしていた。

【付録ゲーム】
『第6軍を救出せよ!Codeword Thunderclap Army Group Don, Nov. 1942 – Mar. 1943』
(ゲームデザイン:タイ・ボンバ)

『第6軍を救出せよ!』は、1942年11月〜1943年3月までのスターリングラード戦を題材にした、二人プレイ用のウォーシミュレーションゲームです。プレイヤーは最高司令官の立場で決断を下します。このゲームでは戦略レベルの要素に主眼を置いており、戦術的な要素はフレーバーとして扱っています。

本作は、移動と戦闘のシークエンスが特徴的といえるでしょう。盤上にあるお互いのユニット1つに移動か戦闘の行動を与えると手番は相手プレイヤーに移ります。相手プレイヤーが行動を終えるとまた手番が変わり、その手順を交互に繰り返しゲームは進行するのです。1ターン中に各ユニットは移動と戦闘の行動が許されており、相手の出方を見ることでダイナミックな機動運用が行え、フレキシブルに戦況を変化させることができるゲームに仕上がっています。

ゲームデザインはタイ・ボンバ氏で、彼の作品に共通するように簡素なゲームルールと盤上に配置する駒の少なさが本作にも反映されており、とてもプレイアビリティの高い作品と言えるでしょう。

『第6軍を救出せよ!』
マップ
(A1判・全体)
『第6軍を救出せよ!』
ユニット
(一部抜粋)

※クリックで拡大画像を見ることができます。

ゲームスケール

  • 1ターン=1〜3週間

  • 1ヘクス=約26km

  • 1ユニット=軍、軍団

  • プレイヤー数=2人

  • プレイ時間=3時間程度

内容物(雑誌除く、全付録分)

  • 駒216個 (15mm角)

  • マップ1枚 (A1判)

  • ルールブック1冊(8頁)

CONTENTS

本誌 76ページ(フルカラー)

■特集

●無限の48キロ――「冬の雷雨」作戦と第6装甲師団(大木毅)
●チュートリアルプレイ コードワードは“雷鳴”
●ボンバの異常な愛情(鹿内靖)

■NEXT ISSUE

●次号予告 長久手の戦い

■READ & PLAY

●ボンバの図上演習(じんぼただとし)
●韓半島の冷たい炎(岩永秀明)
●挫折したバルバロッサ(松浦豊)
●TANKS+α 追加シナリオ6(生江秀一)
●『マレー電撃戦』ノススメ(山内克介)
●CATACLYSM

■WAR HISTORIES

●地中海戦史 「C3作戦の立案」(八木田和男)

■COLUMNS

●StuG.40とSU-76の意外な共通点(樽井英晃)
●ゲームから本へ、本からゲームへ(桂令夫)
●復活! 男泣き戦争映画塾(生江秀一)
●ユニットよもやま物語(生駒望人)
●野獣げぇまぁ拡大版(徳岡正肇)
●あなたの知らない(かもしれない)戦争マンガの世界(山内克介)

■NEW COMERS

●新作ゲーム情報