■コマンドマガジンWEBサイト─FAQ

このページではコマンドマガジン第83号以降のエラッタ/Q&Aから掲載し、過去の内容も随時追加していきます。
第82号以前に関しましてはそれまで各商品ページのエラッタ/Q&Aをご覧下さい。


  ※複数検索はスペースで区切ります。
[検索例] コマンドマガジン第83号  ブルー&グレー など (英数字は半角で、“&”や“・”は全角入力となります)

『When Eagles Fight』 [16件]

コマンドマガジン第21号 『When Eagles Fight』
[13.27] 騎兵部隊の戦闘前退却
Q:騎兵前退却により前進した攻撃側が隣接する敵部隊を攻撃するとき、最初に騎兵に攻撃を宣言しなかった部隊も攻撃に参加できますか?

A:できません。この場合は、騎兵に対して戦闘前退却を与えた攻撃側ユニットのみが攻撃を行えます。
(10/02/10)
商品ページ

コマンドマガジン第21号 『When Eagles Fight』
【マップ】
【明確化】
『ヘクス1023』は平地ではなく山地として扱ってください。
(08/09/27)



【訂正】
『Thron』の位置は2117です。以下のデータをダウンロードして、マップに貼付して修正してください(解像度=300dpi)。

≫ 修正データをダウンロード
商品ページ

コマンドマガジン第21号 『When Eagles Fight』
[6.3] オーストリア軍ユニット
【訂正】
オーストリア軍ユニットはドイツ国内へ移動で進入することはできません。しかしドイツ国内に補給線を通すことは可能です。
(08/09/27)
商品ページ

コマンドマガジン第21号 『When Eagles Fight』
[9.5] 補給線の設定
【変更】
1行目を以下のように変更してください。

自軍補給源から4ヘクス以内にいる自軍ユニットは補給を受けられます。この4ヘクスを数える時、完全海上ヘクスサイドを通過したり、敵軍ユニットがいるヘクスを含んだりしてはなりません。
(08/09/27)
商品ページ

コマンドマガジン第21号 『When Eagles Fight』
[9.5][9.6] 補給線
Q:9.5項にある「補給線」は、敵軍支配下のヘクスは通過出来ない、とありますが、9.5項の「補給線」と9.6項の「補給線」は意味が異なるのでしょうか?

A:9.5項、補給源からユニットまで設定する補給線は、敵支配下ヘクスの影響を受け、9.6項の盤端から補給源までの補給線は、敵支配下ヘクスの影響を受けないと見なしてください。
商品ページ

コマンドマガジン第21号 『When Eagles Fight』
[9.12] 弾薬不足の修正
【訂正】
× 既にブルシーロフ攻勢が発動されている時は
既にブルシーロフ攻勢が終了している時は
(08/09/27)
商品ページ

コマンドマガジン第21号 『When Eagles Fight』
[10.5] ドイツ軍の特別増援
【追加】
ドイツ軍の特別増援7ユニットは、ブルシーロフ攻勢開始後の1、2、3ターン後にドイツ軍の増援として登場します。
(08/09/27)
商品ページ

コマンドマガジン第21号 『When Eagles Fight』
[10.16] ロシア親衛部隊の撤収
【変更】
第2センテンスを以下のように変更してください。

この時、何らかの理由で完全戦力の親衛軍団を撤収できないのであれば、この撤収は行われません。
(08/09/27)
商品ページ

コマンドマガジン第21号 『When Eagles Fight』
[13.18] ドイツ軍の重砲兵
【明確化】
重砲兵の支援がつくのはドイツ軍ユニットのみによる攻撃です。
(08/09/27)
商品ページ

コマンドマガジン第21号 『When Eagles Fight』
[13.19] ドイツ軍の正規軍団
【明確化】
この修正を受ける正規軍団は補給下である必要があります。
(08/09/27)
商品ページ