■シミュレーションゲーム専門誌■【Command Magazine(コマンドマガジン) [シミュレーションゲーム・ミリタリーヒストリー・ストラテジー・アナリシス]】WARGAME HANDBOOK 2013(ウォーゲーム・ハンドブック2013『激闘!ロンメル軍団』『激闘!川中島』) 入門用にも、中級者の手軽なゲームとしても遊べる40シリーズをウォーゲーム・ハンドブックに収録! 40個の駒&40分でできるプレイアブルなウォーゲーム2in1 付録ゲーム:激闘!ロンメル軍団(OPERATION CRUSADER NORTH AFRICA 1941)&激闘!川中島(Battle of Kawanakajima)

ウォーゲーム・ハンドブックの第四弾は、『ゲームマーケット2012秋』でイベント向けに販売し好評を得たコマンド40シリーズの第1号『激闘!ロンメル軍団』と、同じエンジンを使用した第2号・新作の『激闘!川中島』の2in1です。

40シリーズは、40個の駒&40分でプレイできることをコンセプトとしたシリーズ。

ゲーム・ルールはシンプルで入門用にも適していますが、複数に分かれた部隊(フォーメイション)をどのように用いるか臨機応変な判断力が求められるゲームになっています。

■シミュレーションゲーム専門誌■【Command Magazine(コマンドマガジン) 】「ウォーゲーム・ハンドブック2013『激闘!ロンメル軍団』『激闘!川中島』」表紙

 

 『ウォーゲーム・ハンドブック2013』

- WARGAME HANDBOOK 2013 -

 

発売日:2013年5月15日

価 格:2,520円(税込)

 

■コマンドマガジンWEBサイト─在庫なし


付録ゲーム紹介

■シミュレーションゲーム専門誌■【Command Magazine(コマンドマガジン) 】「ウォーゲーム・ハンドブック2013 『激闘!ロンメル軍団』『激闘!川中島』 [コンポーネント] ●A3判マップ 2枚 ●カウンターシート 1枚 ●ルール 4ページ(2部)」

『激闘!ロンメル軍団』 (ゲームデザイナー:中黒靖)

ロンメルvs.第8軍
砂漠の機動戦を征すのはどっちだ?

1941年、第二次世界大戦中の北アフリカで、トブルク要塞開放を目指すイギリス軍と、ロンメル率いる枢軸軍の戦い──クルセイダー作戦をテーマとしたゲーム。プレイヤーは枢軸軍と連合軍を担当し、トブルクの包囲陥落もしくは開放を目指して戦う。

 

『激闘!川中島』 (ゲームデザイナー:ドナルド・ブース)

信玄と謙信が北信濃で激突!

信玄と謙信の戦いの中で、最も激しかったという第四次川中島合戦がテーマ。プレイヤーは上杉軍と武田軍を担当し、「魚鱗の陣」や「偃月の陣」のフォーメイションを駆使して敵の撃破を狙う!

 

■シミュレーションゲーム専門誌■【Command Magazine(コマンドマガジン) 】「ウォーゲーム・ハンドブック2013 『激闘!ロンメル軍団』 マップ」

■シミュレーションゲーム専門誌■【Command Magazine(コマンドマガジン) 】「ウォーゲーム・ハンドブック2013 『激闘!川中島』 マップ」

■シミュレーションゲーム専門誌■【Command Magazine(コマンドマガジン) 】「ウォーゲーム・ハンドブック2013 『激闘!ロンメル軍団』『激闘!川中島』 カウンターシート」


●『激闘!ロンメル軍団』 マップ (左)

クルセイダー作戦の主戦場であるリビア、トブルク要塞周辺が舞台。フォーメイション(部隊)の活性化順が勝敗を分ける。

●『激闘!川中島』 マップ (中央)

啄木鳥の策が破れたところからゲームは始まる。謙信が信玄本陣を蹂躙するのが先か? 別働隊が本隊に合流するのが先か!?

●カウンターシート (右)

ゲームマーケット大阪で最初に40シリーズが販売された時はプレイ前に駒を自作する必要がありましたが、ウォーゲーム・ハンドブック版では厚紙のカウンターになっているので、その必要はありません。

DOWNLOAD

『激闘!ロンメル軍団』については、ゲームマーケット配布版(コマンド40シリーズ)の駒データをダウンロードできるようにしました。損害を駒の向きで管理したいという人は、コマンド40シリーズ第1号『激闘!ロンメル軍団』ページより、データをダウンロードして自作して下さい。


  コマンド40シリーズ第1号『激闘!ロンメル軍団』はこちら

CONTENTS

●歴史解説(魁士官学校番外編) 絵:かねこ統

コマンドマガジン本誌連載「魁士官学校」でお馴染みのDR少佐による歴史概説を収録。
史実における戦いの推移とゲームのポイントについての読み物となっています。

歴史解説(魁士官学校番外編) 絵:かねこ統

 

●チュートリアル

それぞれのゲームについて、ゲーム序盤のチュートリアルを掲載しているので、
ウォーゲームを初めてプレイするという人にも、理解しやすくなっています。

チュートリアル

 

●野獣(のけもの)げぇまぁ

a-game「かわら版」で好評連載中の徳岡正肇氏の珠玉のゲーム・コラムを一挙12本掲載。

これを読んで檻(ジャンル)を越えろ!

野獣(のけもの)げぇまぁ

 

●ゲーマー妻のユーウツ

同じく「かわら版」で好評連載中のたちばないさぎさんのゲーマー家族四コマ漫画。

ゲーマー妻のユーウツ

 

●ウォーゲーム・カタログ2012

2012年に弊社が発行したウォーゲームなど13作を紹介。

 

※「野獣(のけもの)げぇまぁ」と「ゲーマー妻のユーウツ」は2012年の「a-gameかわら版」に収録された内容になります。

FAQ